忍者ブログ
小出 薫(職業:弁護士)のブログです。 2018年1月時点で新潟県糸魚川市内に事務所がある唯一の弁護士です。 海も山も近くに迫る糸魚川の町で奮闘中です!
Posted by 小出 薫 - 2015.03.12,Thu

先日、ひすいの湯から歩いて帰ったことを記事に書きました。


「知らない夜道を歩いた長さ」の記録を競っているわけではないのですが、
このたび、北陸での「知らない夜道を歩いた長さ」の記録を更新しました…。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

ある木曜日の夜、東京から糸魚川へ帰る終電を逃したことが、事の始まりでした。

翌朝から糸魚川で仕事がある私でしたが、
「直江津まで夜行バスで行って、直江津から始発の電車に乗れば良い」、
「木曜日なら、混んでいないだろうから」と考えていました。

が、それがたいそう甘い考えでした。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

こういうとき頼りになるのが、スマホなのですが、
テザリングをしすぎたためか、通信速度が落ちているのがやや気にはなっていました。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

いざ、夜行バスの切符を買おうとしたところ、直江津までの夜行バスは、既に満席でした。
新潟市行きも空席はありません。
糸魚川に帰りたい……。

私の脳裏に、糸魚川は新潟の中で一番富山に近い、という漠然とした知識が浮かびました。
「富山行…」、検索すると、富山行バスは、若干の空席がありました。

ただ、富山市までバスで行ってから糸魚川へ戻ったのでは、
時間的にも金銭的にも、苦しいものがあります。

そこで、手前の停留所で降りることを考えました。
思い浮かんだのは、友人が言っていた「魚津支部の事件があって、糸魚川を通る」という言葉でした。
 
「魚津」を探しましたが、停留所の名は「魚津」ではなく「魚津I.C.」。
……なんとなく電車への接続が悪そうでした。


そこで、もう一つ手前の「黒部」バス停で降りることにしたのでした。

「インターチェンジと書いてなければ、インターチェンジではない」そう信じていました。
スマホで、バス停の位置を確認はしませんでした。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

黒部バス停に、午前4時40分頃到着しました。

黒部発糸魚川行の始発電車は、午前6時15分発。

到着するまでは、「1時間半も時間が余るじゃないか。」と、
時間をつぶさなくては、くらいに考えていました。


しかし、到着してみると、目の前は駐車場でした。
あたりを見回しても、高速の出口しか見えません。
これは……インターチェンジ(らしき場所)!

ここで、ようやく、スマホで自分のいる場所を確認しました。
電車の駅まではかなりありました。
しかも、みぞれっぽくて風が強く、ひすいの湯の時と同じ「この傘が壊れたら命の危険が…」という感じがします。

その後、この記事(「『黒部』バス停へのアプローチ」)のルートをアレンジして、
黒部駅まで1時間半ほど歩くことになりました。

  昼間で天気が良ければ、すごく気分のよさそうな場所ですが、今は夜の悪天候。

途中、黒部の商店街に入った時は、人は誰もいないのですが、

何かに迎えられた気分になりました(……相当、追い詰められていたんですね)。
 
 
お蔭様で、黒部駅の始発電車に何とか間に合った、そんな金曜日の朝でした。

(ちなみに、生涯最長記録は、大阪の枚方~阿倍野です。
京阪電車で起きたら枚方から車庫に入るところでした。
その頃から、中国大返しに参加したメンバーを尊敬して止みません。)

拍手[0回]

PR
プロフィール
HN:
小出 薫
性別:
男性
職業:
弁護士
趣味:
①演劇を見ること。②知らない場所を歩くこと(地図を見ながらでも、地図を見ないようにしながらでも楽しい)。
自己紹介:
◆所属するグループ:
新潟県弁護士会
新潟トラブルシューター(TS)ネットワーク
薬害肝炎(C型肝炎)東京弁護団
HPVワクチン薬害訴訟弁護団
介護保険勉強会、日本社会保障法学会

◆出身:
一橋大学法科大学院
ニューヨーク州立大学大学院Stonybrook校
(公共政策プログラム)
京都大学農学部森林科学科
フリーエリア
忍者カウンター
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]