忍者ブログ
小出 薫(職業:弁護士)のブログです。 2018年1月時点で新潟県糸魚川市内に事務所がある唯一の弁護士です。 海も山も近くに迫る糸魚川の町で奮闘中です!
[40] [39] [38] [37] [36] [35] [34] [33] [32] [31] [30
Posted by - 2018.06.21,Thu
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by 小出 薫 - 2015.08.16,Sun

8月15日の朝、特別な日は、駅舎からキハ52がにょきっと出ます。



さて、糸魚川の押上地区に行くと、大きな石碑の前で集合写真撮影。
これは何の集まりでしょうか?


宮司さんの祝詞…


…からの、僧侶14人による読経。



大きな石碑は、大正5年に建てられた「百霊廟」でした。

いわば共同墓地です。
共同墓地としては日本最古ではないかと言われているようです。

押上のみなさんは、宗教・宗派に関係なく、ここに入るそうです。
だから、宮司・僧侶両方見えたのですね。

今年は100周年で、記事でも紹介されています↓↓
(◆上越タイムス社の記事 ←クリックすると開きます)


この押上の百霊廟の研究をした人に、孝本貢(こうもと みつぎ)教授がいます。
孝本教授は、1990年前後に調査をされました。

押上に共同墓地が成立した理由として、指導者の存在だけでなく、
(この指導者は、10年をかけて村中を説得して回り、1年かけて墓を全部まとめたそうです。
その銅像がこちら ←クリックすると開きます)
家・家連合の脆弱さ、墓に対する執着度の低さがあったことを指摘しています。

しかし、今では、押上のみなさんが毎年ここに集まることで、
かえって地域の結びつきが強まっているのではないかと感じました。

押上に来たら、押上児童公園内の百霊廟、立ち寄って行ってください。

孝本貢「日本社会における先祖祭祀のヴァリエーション
――新潟県糸魚川市押上地区共同納骨碑の事例より

(明治大学人文科学研究所年報30号123頁、1988年)

孝本貢
共同納骨碑の造立と先祖祭祀
――新潟県糸魚川市押上「百霊廟」の事例――

(国立歴史民俗博物館研究報告41集151頁、1992年)


地図はこちら

拍手[4回]

PR
Comments
Post a Comment
Name :
Title :
E-mail :
URL :
Comments :
Pass :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
プロフィール
HN:
小出 薫
性別:
男性
職業:
弁護士
趣味:
①演劇を見ること。②知らない場所を歩くこと(地図を見ながらでも、地図を見ないようにしながらでも楽しい)。
自己紹介:
◆所属するグループ:
新潟県弁護士会
新潟トラブルシューター(TS)ネットワーク
薬害肝炎(C型肝炎)東京弁護団
HPVワクチン薬害訴訟弁護団
介護保険勉強会、日本社会保障法学会

◆出身:
一橋大学法科大学院
ニューヨーク州立大学大学院Stonybrook校
(公共政策プログラム)
京都大学農学部森林科学科
フリーエリア
忍者カウンター
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]